勝本浦は、朝鮮半島と深いつながりのあった大和政権時代から海上航路の重要な港として多くの人々が逗留し交流した。古代・中世は神功皇后の三韓往来、4世紀後半は高句麗との交戦、663年は唐・新羅連合軍との交戦(白村江の戦い)。近世は文禄・慶長の役の兵站基地として、城番と家来500人が7年間駐屯した。
 江戸時代になると、外敵警備のため若宮島に遠見番所設置、海上警備と治安維持の押役所設置、朝鮮通信使の迎接所設置(往復路19回寄港、一行約450人)、案内役の対馬屋敷(一行約800人、約60人が常駐)が設置された。

 鯨組による捕鯨は、突組から網組の捕鯨に転換した貞享元(1684)年、田ノ浦に納屋場が造られ開始され、約200年間にわたって行われた。隆盛時の納屋場には、鯨船723人、納屋135人が働き、1年に大小数百隻の運搬船が出入りした。勝本浦には、土肥・永取・原田組があったが、なかでも土肥一族は鴻ノ池、三井とともに日本有数の富豪となるなど勝本浦は人の往来引きも切らず大繁栄をした。
 そして、明治・大正・昭和期は、漁獲行動(磯漁、網漁、釣漁)が技術、道具、機械の進歩とともに変貌し、漁業の町として発展した。

トップページ

ようこそ壱岐市勝本浦へ。10月10日、聖母宮祭りの御遷幸(御神輿のお船旅)です。   

 

ブログ

394号:イキテレ「ごごマル」

image406

壱岐市には、光インターネットや光IP電話サービスを行う、「光ネットワーク株式会社壱岐支店」があり、壱岐の市議会や体育大会など壱岐情報を伝えるイキテレチャンネル「壱岐市ケーブルテレビ」がある。3か月に一回チャンネルガイドが届くが利用は時々。だが、先週の木・金曜日の午前中、「国民スポーツ大会」のGG競技出場を決めたということでチーム「勝本浦長寿会」が取材を受けることになった。そして、昨日から17時50分と18時50分開始で10分間、一週間のイベントや出来事を届ける「ごごマル」で放送された。選手は個々のコメントが求められ、私は大会出場のきっかけについて話した。昨年10月、隣に住む「勝本浦長寿会」の代表夫妻がお見えになり、体調が思わしくないということから11月の佐世保県大会へ代理出場したこと。そして、今年1月に国体予選の壱岐市大会、3月長崎県大会に出場し優勝を決めたこと。人生76年初の国民スポーツ大会は、今は空の上からチームを見守る元代表の分も合わせて、思いっきりプレーを楽しむつもりと話した。写真は、イキテレの番組「ごごマル」。

2024年07月10日

393号:甘夏ミカンの種

image405

今年は、馬場崎公園広場の暴風除けの挿し木に再挑戦。我が家の庭木(マキ、月桂樹)や公園広場の貝塚イブキの新芽の枝を切って地植えの準備をしています。場所は日陰と湿りのあるところを選び、苗ポットに挿し木用の土を入れ、水に浸した枝を挿す。そして、朝夕に水をやり根付きを待つのです。その最中、今年は大好きな甘夏ミカンが豊作なのかお店に並んだ。そのミカンを食べながら、裏の畑に植えてはと思いネット検索。そこには、食べたミカンの種を3日ほど水に浸して、紙ペーパーでぬめりを除いた後に苗ポットに埋めて待つとあった。日記を振り返ると、ミカンの種を水に浸したのが5月26日、小さな葉が出たのが1週間ほど前で、これは本当にミカンなのかと思ったが大きくなってきた。写真は今朝の様子ですが、見るのが楽しくなってきました。次は地植えの時期と場所を選び、苗ポットからいつ移すか思考中。一日ヒマなしですが、後期高齢者には余裕をもって対応する時間がある。要は体力とやる気、挿し木に挑戦中です。

2024年07月03日
» 続きを読む